cocos Recruiting Informationcocos Recruiting Information

Recruiting Information

MESSAGEトップメッセージ

店舗での成功体験の積み重ね。
断トツ日本一への挑戦は、そこから始まります。

1970年代に登場し、急成長産業の代表として発展してきたファミリーレストラン。食のおいしさ、楽しさをお届けし、現在では全国どこに行っても楽しめる存在になりました。
ココスも、2017年に鹿児島宇宿店のオープンにより「全都道府県への出店」を達成。全国約600店舗を展開するまでに成長し、次なるステージに向けた挑戦を始めています。
専門店化が進むマーケットに対応した多彩なメニューの開発はもちろん、お一人様が入りやすい店づくり、デリバリーやテイクアウトサービスの活用、そして公式アプリ「ココウェブ」によるお客様とのつながりの強化など、その挑戦は様々です。
そのバックボーンにあるのは、フードサービス業世界一を目指すゼンショーグループの経営基盤と蓄積された多彩なノウハウ。国内の外食企業として売上No.1の地位を確立したゼンショーグループは、「世界から飢餓と貧困を撲滅する」という創業以来のビジョンを実現するために、「フードサービス業世界一」を目指して更なる挑戦を続けています。
その一員として、ココスが目指すのは「断トツ日本一のファミリーレストラン」。1000店舗へ、そして世界展開へ。夢は大きく広がっています。
またここ数年、様々な自然災害や新型コロナウィルスの蔓延といった危機が日本社会を襲いました。そのたび、経済も大きな痛手を受けてきました。しかし、そんな中でも“食”は絶対になくならない。そんな時こそ、食を通じて世の中を明るく元気にできる。その想いも、成長への原動力の一つです。
それはみなさんにとって、かけ離れたものと感じるかもしれません。しかしどんな夢も、その原点となるのは一つ一つの店舗です。
私は1993年に入社し、店舗からキャリアをスタートさせました。現場の悩みも喜びも、そして“今何をなすべきか”のヒントも現場にこそあることを知っています。1つの店舗には、約30名のスタッフがいます。店舗で実行される1つの施策によって、この30名が日々進化していく。お店の雰囲気が、お客様の反応が変わっていくことの面白さ。その経験が私の経営者としての原点です。
店舗は、たくさんの成功体験が得られる場です。スタートは「食が好き」「人と接することが好き」だけでも大丈夫。ゼロから学び成長していけばいい。そして、将来は世界企業の経営の一翼を担う人財となって欲しい。心からそう期待しています。

代表取締役社長 一木 直哉